横田明彦殿死去のお知らせ

%e5%8d%92%e6%a5%ad%e5%bc%8f%ef%bd%a5%e5%ad%a6%e7%bf%92%e7%99%ba%e8%a1%a8%e4%bc%9a%e5%89%8d%e5%8d%8a-129社会福祉法人光の村・監事である横田明彦殿平成25年12月26日逝去されました。ここに謹んでご通知申し上げます。(享年61歳・土佐市新居)

横田氏は長く光の村近くの新居郵便局長を勤められ、当方人の監事として光の村の発展を見守っていただいた方です。また高知県の陸上の役員として長年にわたって、光の村が取り組んでいる「足からの教育」に理解をしていただき、横田氏が取り組んでいた陸上の発展に寄与する行事に光の村の子供たちを呼んでいただき、多くの利用者に陸上の指導をしていただきました。

新居郵便局長退職後は、新居小学校支援地域本部地域コーディネーター長として、小学生の登下校時の安全を守る活動に取り組まれ、早朝から夕暮れまで子供たちと一緒に活動する姿を見せていただいておりました。光の村の利用者が通勤の際にも声をかけて下さり、新居地区の安全の顔として活躍されておりました。

昨年から体調を壊されたと聞いておりましたが、光の村においでの際にはそのような顔は見せずに、地域の活動や陸上の発展に意欲を見せるお話しをされておりました。

突然の悲報に役職員驚いている次第です。横田氏の地域発展と陸上にかける思いを、少しでも光の村として取り組んでいけるようにすることが、横田氏のご冥福を祈ることになればと考えております。

本当に生前の多方面にわたるご活躍ありがとうございました。

ゆっくりとお休みください。